Return to site

腰痛の原因となおし方

· 腰痛

この間、たまたま用事で一年ぶりに書店に行きました。

なんとなく健康関係のコーナーに行ったら、腰痛関連の本が平積みしてあり、いくつか手に取ってみました。

どれを見ても大概が無駄な話で(失礼!)、これ読んでも腰痛はどうにもならないだろうというようなものばかりで、正直、驚きました。

10年前にネットに書いてあったようなことを大きな字でイラスト付きで書いたら、根本を解決しないでも本になるのか???と、驚いたわけです。

というわけで、腰痛についてその原因を述べ、私がこの10年で実際に腰痛をなくしてきた方法と情報をお伝えします。

『腰痛の原因は、腰仙関節が硬くなることである』

腰痛にもいろいろありますが、その多くはレントゲンで撮影しても原因がわかりません。なぜかというと、腰痛の根本原因は、腰仙関節が固くなることであり、レントゲンでは変形はわかるけれど関節が硬いか柔らかいかはわからないからです。

巷では、運動不足とか、姿勢がどうとか、内臓がどうとか、精神的にどうとかいろいろいわれていますが、物理的な原因は腰仙関節です。これをなんとかすれば腰痛はなくなるし、骨盤のしなやかさを保つ運動をつづければ、腰痛になることもありません。

一般的に、姿勢が原因というのが一番多いですが、はっきりいって、姿勢を直しても腰痛はなおりません。これまで何千人の腰痛をなんとかしてきた経験をふまえていいます。姿勢をよくして多少よくなる人はいるかもしれませんが、腰痛の原因は残ります。

腰仙関節が柔らかくならない限り、一時的によくなってもまた腰痛は戻ってきます。

そして、もう一つ多いのが、腹筋をつけると腰痛の予防になる、あるいは改善するという考え方です。

はっきりいいます。腹筋を鍛えても、腰痛はよくなりません。すでに腰痛の場合、たいてい悪化しますから試さない方がいいです。

あと、ここ何年かで増えているのが、「腰痛の原因は精神的なものです」というやつ。
こういうのを広めるの、本当にやめてほしいです。これって、昭和のスポーツではやった根性論と同じで、現代的には危険思想のたぐいといってもいいものです。

精神的にストレスフリーで安定すれば腰痛はなくなるみたいな、わけのわからないことを大まじめに出力している人がいて、本当に驚きます。

人間のからだは、全部が繋がっています。もちろん、精神的なことも、痛みや回復に影響しないとはいい切れないところがあります。しかし、腰痛の肉体的な側面を解決しないで精神的なことを論じるのは、いわゆる根性論であり、やり過ぎ、考えすぎです。

逆に、腰痛が精神に影響することはあります。腰痛がなくなって腰仙関節がきちんと動くようになると、文字通り腰をしっかりすえて動けるようになり、精神的にも安定します。

腰仙関節を本来の状態に戻すために最初にできることは、コアフローのSOURCEを受けて仙腸関節をほぐすことです。通常は、三回の施術で仙腸関節が緩み、その後、自分の骨格にあった姿勢やからだの動かし方を身につけて、腰仙関節にアプローチしていきます。

元々コアフローは、日本の腰痛をなくそうという考えの元に開発されました。これまでコアフローを受けて腰痛がなくなった人は数知れずいます。腰痛だけでなく、その後も通い続けて肩こりや首の痛みも全くない生活を送っている人も多いです。

コアフローを開発した私自身も、10年以上前は毎日のように腰痛に悩まされていましたが、今は一切ありません。

腰痛に必要なのは、腰痛を生む構造を知ること、そして、10年かけてできた骨盤の凝りをほぐすこと、そして凝らないような動きを日常に取り入れることです。

腰仙関節を柔らかくして、自分の骨格にあった姿勢を取り戻し、それを保つ方法(以下の三つ)を適度に実践すれば、腰痛とは無縁の生活になります。

腰仙関節のしなやかさを保つ三つの方法
1. ぞうきん掛け
2. 自転車の立ちこぎ
3. コアフロー体操

この三つの動きにも、それぞれちょっとしたこつがあります。それについてはセッションにいらした方や、インナータオプラクティスを受けた方にお伝えしています。

腰痛はなおります。腹筋も、ウォーキングも、コルセットもポジティブ思考も必要ありません。純粋に、肉体的に解決することが可能です。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly